今やスマートフォンWebサイトの時代!でもどうやって作るの?

スマートフォンWebサイトの時代の到来

今はスマホのユーザーが凄く多いですね。そのため、検索してWebサイトに訪問してくる人もパソコンよりもスマートフォン経由の方が多いことが解っています。いつも手元にあるモバイル端末で、思いついた時に検索するという生活スタイルが多くの人に浸透しつつあるわけです。今後もしばらくはスマホからの検索が増えてゆくことが予想されますよね。こういう流れの中でWebサイトのデザインの仕方も数年前から変化してきています。

スマホなのにPCと同じようにサイトが表示されると?

スマホからの検索ユーザーが増えている現在、スマホで表示された時に見やすいWebサイトのデザインが必要です。パソコンと全く同じように表示されてしまうと、文字が小さすぎたり、必要のない情報が入ってきたりと、ユーザーにとって使いづらいことは経験している人もいるんじゃないでしょうか?スマホにはスマホ向けの見やすいサイトデザインが適しています。それでは、スマホでユーザーが扱いやすいWebサイトにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

スマートフォンWebサイトへの2つの対応策

スマホユーザーに見やすいWebサイトはどうやって作ったら良いのでしょうか?大きく分けて二つの方法があります。一つはレスポンシブWebデザインと呼ばれるものを使うことです。これはWebサイトがパソコンで見るときはパソコン向けに表示され、スマホで見るときはスマホ向けに自動的に変化して表示されるというものです。もう一つはスマホ向けのWebサイトをパソコン向けとは別に作る方法です。もし今既にWebサイトが合って、それをレスポンシWebブデザインにすることが難しい場合は、新たにスマホ向けのWebサイトを作ったほうが効率的ですね。

一般的な携帯電話からスマートフォンに乗り換える人が増加したことによって、スマートフォンからインターネットを行う人が増えています。そのため、スマホサイト制作の仕事の需要が高まっています。

Comments are closed.