スマートフォンの将来性は飲食店との連携にある!?

スマートフォンとパソコン

最近は、スマートフォンのほうがパソコンよりも売れているようですし、ニュースになるのも圧倒的にスマートフォンのほうが多いと言えるでしょう。しかし、スマートフォンの画面サイズはパソコンに比べて圧倒的に小さいですから、本格的なビジネス用途に使用できるのかという疑問も湧いてきます。ですから、スマートフォンの将来性というのは、オフィス環境における仕事での使用というよりも、飲食店のような身近な用途にあると言えるのではないでしょうか。

スマートフォンと飲食店

最近は、スマートフォンを持っていると、飲食店で割引サービスを受けられるような仕組みが増えてきました。街中でよくスマートフォンを見ながら歩いている人などをみかけますと、何も歩きながらスマートフォンを見なくてもよいではないかと思ってしまいますが、このようにお得な特典がつくようになると、スマートフォンを持つ必要性があるのかなという気になってくるものです。かつてビル・ゲーツが、「Information on your fingertips」と言っていたのを思い出します。

ビル・ゲーツとスティーブ・ジョブズ

ビル・ゲーツはこの時、パソコンを念頭においていたのだと思いますが、彼のライバルであるスティーブ・ジョブズが開発したこのスマートフォンは、まさに指の先(fingertips)で情報(Information)を操るデバイスだと言うことができるでしょう。ビル・ゲーツがパソコンで大成功をおさめたWindowsも元々はスティーブ・ジョブズがマッキントッシュ上で開発したものですから、スティーブ・ジョブズはまさにUser Interfaceに優れた製品を作る天才と言えるかもしれません。

パソコン向けのサイトをスマホで見ると、見づらいので、専門のスマートフォンサイトを作ると見やすいので便利です。

コメントは停止中です。