初心者必見!webクリエイターの道1・2・3!

1.webページ制作って何からするの?

いつも何気なくみているホームページやブログ。いつか自分でも作ってみたいなんて考えてみたことありませんか?でも、いったい「何から始めたらいいんだろう・・・」「何が必要なんだろう・・・」と二の足を踏んでいた方。まずは初めの一歩を踏み出してみましょう!とは言うものの画像編集するソフトとか色々高いんじゃないの?いえいえ、そんなことありません。必要な物はただ一つ「パソコン」だけです!ノートでもデスクトップでも大丈夫!ブログサービスを使うのであればタブレットでもできちゃいます。

実際に作ってみよう!レッツクリエイト!

さて、何はともあれまずは実際に作ってみることが大事です。一度出来てしまえばきっとこんなに簡単だったのかと驚くことでしょう。さあ、パソコンの前に移動です。それでは、パソコンの中にある「メモ帳」を開いてみてください。これがツールです。これだけでwebページが作れるのです。よく巷ではテキストエディタなんて言いますね!どのパソコンにも基本付属しているソフトです。ここで、もし「メモ帳なんてないよ!」という方がおいででしたらネットで検索してみてください。「テキストエディタ」「ダウンロード」と書けばネット上にたくさんフリーのソフトウェアが落ちてますのでお好きな物をダウンロードして使ってみてください。あなたにあった物がきっと見つかるはずです!メモ帳が用意できたら適当に文章を打ってみましょう。ローマ字で名前をつけて保存してください。保存したファイル名の最後はきっと「.txt」となっているでしょう。ことの「txt」部分を「html」と打ちかえてみてください。これでwebページの元となるhtmlファイルができました。

あなたの想像力が次につながる!

いかがですか?ちょっと拍子抜けかもしれませんよね。もっとガリガリとプログラムを書いて画像を使ってみたいなことを想像していましたか?実際に「webページ」「デザイン」なんて検索かければステキなサイトが山のように出てきますし、しっかりデザインされたサイトを作るにはプロのようにそれなりのツールが必要になってきます。でも、初めからそういったサイトを作ろうとしてもうまく行きません。当たり前ですがまずはwebページの基礎をしっかり覚えてみることがサイト制作への近道になります。敷居がすごく低くパソコンさえあればページの制作が出来るんです。まずは実際に作ってみて面白さを覚えてみてください。初心者用のサイトがたくさんありますからすぐにそれなりのページが作れるようになることでしょう。そして、それなりに作れるようになったら考えてみてください。見てる人はどういうページだったら見やすいのかなって。それが昨今いわれてるUX(ユーザーエクスペリエンス)という考え方です。いつかあなたがつくったサイトに訪れる日を楽しみにしています!

コーディングとは物質の表面に対し、衝撃や音の消音効果など様々な効果を得られるように加工することです。また、デザインとして塗装する際にも用いられることがある言葉です。

Comments are closed.