まさか自分が誹謗中傷の対象になってしまうとは…

それは予想外にやってきます

人と人が関わる以上必ず起こり得るのがトラブルですよね。何気ない日常を過ごしていたつもりが、ある日突然身に覚えのない誹謗中傷を受け滅入ってしまう前に、対策を取っておきたいですよね。大切なのは自分が悪いと思い込まないという点です。相手はただの悪口だと軽い気持ちで突っかかってきてるだけでしょう。1度ならやり過ごしてしまうのが1番ですが、何度も誹謗中傷が続くようなら、然るべき場所に出て対処してもらいましょう。

ネットに多い通りすがりの誹謗中傷!

SNSの利用者が増加し、顔も素性も知らない趣味だけのお付き合いという関係が増えましたよね。気軽に付き合えるという利点も多いですが、唐突な誹謗中傷を受ける例も少なくはありません。たった一言でも不快な思いをしてしまうし、自分が何かしてしまったのかと考えてしまいます。ただ、この手の多くは一度も関わってない相手というのが殆どな場合が多いです。目に見えて嫌がらせでしかない発言は迷わず運営サイドに報告し、相手にしないのが1番です。

複数から攻撃されたら?

大勢から寄って集って誹謗中傷を受ける状況になってしまったのなら、迷わず警察署へ相談に行きましょう。理由はどうあれ精神的に人を攻撃する行為は犯罪に当たります。解決するまでひたすら放置するのも1つの手段ではありますが、心の健康面を考えると得策とは言えませんよね。いきなり警察署は少し抵抗があるのなら、友達や家族に相談してみるのも良いです。話をして解決策を一緒に探してもらえる心強い味方になってもらいましょう。

特に大企業などイメージを悪くしてしまえば会社の信用にかかわります。風評被害や誹謗中傷対策には、専門のプロが存在し、いつでも対応が可能です。

コメントは停止中です。