新入社員研修までに準備しておくことがあります

自己紹介が必ずあります

新入社員研修には必ず自己紹介をする場面があります。全員が集まり講義が始まる前に行うか、宿泊の研修であれば夕食を終えて団欒の場を設けて行う場合もあります。いずれにしても、会社の採用担当者や人事部の担当者が同席して一人ひとり履歴書を見て紹介をします。突然の指名となれば、全員の前での話しになるので戸惑うもので、自分を上手く表現できないものです。職場に入れば、その都度自己紹介をしなければなりません。何を話すかは準備をしておくことです。

体力を万全にして研修に挑むことです

新入社員研修だからといっても、すでに会社の従業員です。3ヶ月の試用期間はありますが、余程のことがない限り正社員になっていきます。従って、お客さんの意識で研修に望むことは止めましょう。座学の講義が多くなりますが、学生時代の場合とは環境が違います。腕を組んだり、足を組んで聞くことは禁じられますし、携帯やスマートホンは入口で回収されるか電源は強制的に切られます。勝手に席を立つことはできませんので、体力を万全にしておくことです。

時間は常に厳守で5分前には着席

新入社員研修の時間は始まりは厳守されていますが、終了は講師によって変わります。そのためにトイレなどは、早めに済ませるかあまり水分をとらないことです。講義の始まる前5分前には着席していなければなりません。途中で入室することはできないのが一般的です。会場は閉められて次の休憩時間まで、外で待機するのが常識となります。講師の壇上からは、受講生が500人であっても何をしているかが分かるもので、聞いていない人はチェックされていると思うことです。

社員研修とは、企業に所属する社員のスキルアップを目的に、専門の企業に委託して行う研修のことです。内容としては、ビジネスマナーやコミュニケーション研修、実際の取引を想定した研修等があります。

コメントは停止中です。