ホームページを作る前にしっかり押さえておきたいポイント!その内容とは?

読み手の事を考えてZの法則を知ろう

ホームページを作成する前には、見てくれる方が見易い内容を心がけて作成して行く事がポイントになりますよ。その一つの中に、Zの法則と言う法則があります。Zの法則と言うのは、人は文章を読む場合、Zの形になぞりながら読んで行くと言う法則ですよ。当たり前だと思われる事ですが、この法則に配慮を行なっていないホームページも多くあります。例えば、文章が多く、どこがZの始まりか分からないホームページは、始まりを探すために時間を要してしまいますよね。コンテツとコンテンツは隙間を開ける事がポイントであり、関連性が無く不必要な情報は出来るだけ掲載しない事が大切と言えるでしょう。

ノートや紙と鉛筆で予め設計図を作る事

ホームページ作成ソフトが市販されていまして、一般的にホームページ作成ソフトを利用して作成しますよね。ホームページ作成ソフトは、直接画像や文章を流し込みながら作成して行く事ができます。そのため、上から思いついて考えながら作成して行く様なホームページ作成になってしまうリスクがありますよ。この様な作成方法は、次から次へと考えが生まれてきまして、コンテツとコンテツのまとまり感を失ってしまうリスクがあります。ですので、予め設計図となる内容をノートなどに描き、それを見ながら忠実に作成して行く事がポイントと言えるでしょう。

伝えたい内容を専門性を持って情報収集

ホームページに訪れるユーザーの多くは、知らない情報を知りたいために訪れる事がほとんどですよね。例えば、おにぎりはご飯で出来ていると言う内容は、誰もが知っている内容であり、専門性が低いと判断が出来ます。おにぎりを紹介している内容に対して、突然、家の前にカエルが飛び跳ねていたと言う内容は、関連性が無く知りたいと思えない様な情報です。ホームページ作成は、専門性が強く知らない情報を提供する事が大切と言えるでしょう。ただし、インターネットは便利になりまして知らない情報をインターネットから調べる事が出来ますが、その内容と言うのは、既に知られている情報である可能性が高くあります。出来るだけ、図書館などに足を運び、専門性が高くインターネット上に無い情報集を行なって行く事が大切ですよ。

ホームページを制作をする方法は色々ありますが、主にテキストエディタを使う方法と、ホームページ制作専用のソフトを使うことで、簡単にホームページを制作することが可能です。

コメントは停止中です。